2017年04月30日

父の日におすすめの日本酒を厳選!!(贈り物・プレゼントに)

2017年の今年の父の日は6月18日です。


父の日に日本酒を贈ろうとしている人も多くいると思いますが、
日本酒に詳しくなくてどれにしようか困っている人もこれまた
多くいるのではないかと思います。

ということで今回は父の日にぴったりの日本酒をご紹介します。

もちろん父の日ではなくても、何かのお祝い、餞別、内祝い、誕生日、
お中元、お歳暮など、贈り物全般
におすすめの日本酒を選んでいます。

あまり名が知られていない値段が高いだけの日本酒をプレゼントされても、
私でしたらリアクションに困るので有名どころをリストアップしています。

ちなみに父の日の予算の平均は3,000円〜5,000円だそうです。

========================================

獺祭 (旭酒造・山口)



「獺祭」は今一番入手困難な日本酒。
「一度くらいは飲んでみたい」という日本酒好きが多いです。

雑誌や新聞、テレビなどでたびたび紹介され、人気が沸騰、
すごく品薄状態となっています。

・獺祭 純米大吟醸50
・獺祭 純米大吟醸45
・獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分
・獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分 遠心分離
・獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分
・獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分遠心分離
・獺祭 純米大吟醸 磨きその先へ

ランク順に並べてみました。(下にいくほどランクが上)
いっぱい種類がありますがどれを贈っても喜んでくれると思います。



⇒⇒当ブログ記事 大人気の日本酒!!入手困難の獺祭50純米大吟醸180ml 旭酒造

==========================================

越乃寒梅 (石本酒造・新潟)



越乃寒梅はあとで紹介する「久保田」と並ぶ
新潟を代表する銘酒です。
プレミアの値が付くほど人気の日本酒です。

↓ランク順↓

・越乃寒梅 白ラベル (普通酒)    定価1.8L  2,030円+税
・越乃寒梅 別撰   (特別本醸造)  定価1.8L  2,540円+税
・越乃寒梅 特選   (吟醸)      定価1.8L  3,350円+税
・越乃寒梅 無垢   (純米吟醸)    定価1.8L  3,800円+税
・越乃寒梅 超特選  (大吟醸)     定価500ml 3,670円+税
・越乃寒梅 金無垢  (純米大吟醸)  定価720ml  4,300円+税

超特選は500ml、金無垢は720mlのみです。
白ラベル〜無垢は720mlサイズもあります。

白ラベル、別撰はお店で多く見かけますので
できれば特選(吟醸)より上を贈りたいところですね。



⇒⇒当ブログ記事 人気のプレミア日本酒!!「越乃寒梅白ラベル」

さらに昨年には越乃寒梅シリーズ45年ぶりの新作「越乃寒梅 灑」という
商品が発売されました。



発売から1年ほどしか経っていないということで、
まだ飲んだことがない人も多いはず。
「越乃寒梅にこんなものがあったの?」と驚かれる人も
いるのではないでしょうか。

発売当初は品薄でなかなか手に入らなかったです。
青の綺麗なボトルも父の日っぽいです。
==================================

久保田 (朝日酒造・新潟)

「越乃寒梅」と同じく人気の商品。
こちらもプレミア価格で売られています。



↓ランク順↓

・久保田 百寿 (特別本醸造)   定価1.8L  2,010円+税
・久保田 千寿 (吟醸)      定価1.8L  2,430円+税
・久保田 紅寿 (純米吟醸)     定価1.8L  3,310円+税
・久保田 碧寿 (純米大吟醸)   定価1.8L  5,030円+税
・久保田 萬寿 (純米大吟醸)   定価1.8L  8,110円+税
・久保田 洗心 (純米大吟醸)   定価1.8L  11,000円+税
・久保田 翠寿 (大吟醸・生酒)  定価720ml 2,810円+税

「百寿」〜「洗心」は720mlサイズもあります。

プレゼントならば「紅寿」より上のランクが良いと思います。




「洗心」は3・6・11月のみ出荷の限定商品、
「翠寿」は4〜9月限定出荷。(要冷蔵)
限定商品なのでこの2つが特にオススメです。





⇒⇒当ブログ記事 プレミアで有名な久保田千寿吟醸!! (朝日酒造 新潟)

=============================

福寿 (神戸酒心館・兵庫)



「福寿 純米吟醸」ノーベル賞の晩餐会で
提供されたお酒。


日本人がノーベル賞を受賞する際に振舞われているようです。
(2008年 益川敏英さんら4人)
(2010年 根岸英一さんら2人)
(2012年 山中伸弥さん)
(2014年 中村修二さんら3人)

特に2012年に山中伸弥さんが受賞したとき大きな話題となり、
入手困難となっていました。

・福寿 吟醸
・福寿 純米吟醸 ←ノーベル賞晩餐会提供酒 
・福寿 大吟醸
・福寿 純米大吟醸
・福寿 純米大吟醸黒ラベル
・福寿 超特選大吟醸
などがあります。

「福寿 純米吟醸」は720mlで1,700円前後、1800mlで3200円前後
なので贈り物にちょうど良い値段かと思います。

手渡すときに「ノーベル賞の晩餐会で振舞われたお酒」という
うんちく付きで渡すと喜ばれると思います。

「純米吟醸」以外も様々な受賞歴があるのでそちらもおすすめです。

全国新酒鑑評会 6年連続12回金賞受賞
・インターナショナル・ワイン・チャレンジ 純米大吟醸部門 金賞
・インターナショナル・サケ・チャレンジ 大吟醸部門 最高金賞
・インターナショナル・サケ・チャレンジ 純米吟醸部門 最高金賞
・インターナショナル・サケ・チャレンジ 純米部門 金賞
・全米日本酒歓評会 大吟醸部門 金賞
・   〃        純米部門 金賞
・ワイングラスでおいしい日本酒アワード 大吟醸部門 最高金賞

(神戸酒心館HPより)




⇒⇒当ブログ記事 ノーベル賞授賞式の晩餐会提供酒!!「福寿 純米吟醸」

=============================================

賀茂鶴 (賀茂鶴酒造・広島)



「賀茂鶴 大吟醸」2014年4月にアメリカオバマ大統領が
国賓待遇で来日し安倍首相と会食した際、銀座の高級寿司店
「すきばやし次郎」で飲んだお酒。


実際に飲んだのは「賀茂鶴 大吟醸 特製ゴールド賀茂鶴 角瓶180ml」ですが、
この720ml、1800mlもあります。



720mlは丸い瓶になっていて他にはない形をしています。



720ml、1800mlともにレトロなデザインで風情があります。
こういうデザインは年配の方に好まれると思います。

そして720ml、1800mlともに桜の花びら型金箔入り!!
高級感もありますね。

DSC_0200.jpg

賀茂鶴は年に数回宮内庁から注文がある「宮内庁御用達」のお酒。
さらにはじめて「大吟醸」を醸した蔵としても知られています。

見た目も品質的にもおすすめの逸品です!!

⇒⇒当ブログ記事 オバマ大統領も堪能した特製ゴールド賀茂鶴大吟醸!!

=====================================

醸し人九平次【かもしびとくへいじ】(萬乗醸造・愛知)



「醸し人九平次」は、日本はもとより海外でもとても評価の高い
逸品。


フランスの三ツ星レストラン「ギィ・サボア」(Restaurant Guy Savoy)で
日本酒で唯一、ワインリストに「醸し人九平次」が採用されています。

今ではフランス国内約80軒のレストランで取り扱われています。

食の本場フランスで認められている銘柄です。

ラベルに書かれている「EAU DU DESIR」とは「希望の水」
という意味。

「口にしたとき、液体の中から希望というエネルギーを感じてほしい。
あなたにとって、自分たちにとって、日本酒がもっともっと
“幸” 多きものにしたい。」という願いが込められています。

↓代表銘柄↓
・醸し人九平次 純米大吟醸 雄町   定価1.8L 3,308円+税
・醸し人九平次 純米大吟醸 山田錦  定価1.8L 3,528円+税
・醸し人九平次 純米大吟醸 別誂   定価1.8L 7,718円+税




===================================================

田酒【でんしゅ】 (西田酒造・青森)



「田酒」もプレミア日本酒として有名です。
店頭に並んでいることはほぼ無く、見かけたらラッキーです。

しかしこちらもプレミア価格で売られているところがほとんどですが
買う価値は十分あります。
私も一度は飲んでみたいです。

「田酒 特別純米」(720ml、1800ml)のみ通年商品で、
その他は限定出荷商品。




===================================================

磯自慢 (磯自慢酒造・静岡)



「磯自慢 中取り純米大吟醸35」は2008年7月、北海道洞爺湖サミット
夕食会の乾杯酒
として選ばれたお酒です。

↓選ばれたいきさつ↓
外務省から要請のあった、全国の酒造会社約10社が日本酒を提供。
同省で行われたテイスティングで、「磯自慢 中取り純米大吟醸35」が
一次審査、二次審査とも一位を獲得しました。この結果を踏まえ、
外務省から海外での日本酒評価に詳しく、東京の磯自慢特約店でも
ある酒販会社に意見を求め、最終的に採用が決定。今回の快挙となりました。

(静岡県酒造組合HPより)

いわば”日本代表のお酒”、となったわけです。

しかし残念ながらこの「中取り純米大吟醸35」は毎年約1,000本
限定販売。720mlで12,000円〜15,000円が定価です。
ネットではさらにプレミア価格がついて43,000円前後します。

しかし「磯自慢」は他の種類も人気ですのでそちらを選んでも
十分喜ばれます。

・磯自慢 本醸造
・磯自慢 吟醸
・磯自慢 純米吟醸
・磯自慢 純米吟醸ブルーボトル
・磯自慢 大吟醸 一滴入魂
・磯自慢 純米大吟醸エメラルド 
などあります。

できたら吟醸より上のクラスがおすすめです。




===================================================

十四代 (高木酒造・山形)



最後は幻の超高級プレミア清酒「十四代」です。
その味に虜になった人は数知れず・・・。

獺祭と並ぶ、あるいはそれ以上入手困難となっています。
ということで値段も超プレミアとなっています。

・十四代 本丸 秘伝玉返し
・十四代 龍の落とし子
・十四代 中取り大吟醸 播州山田錦




これをもらって喜ばない人はいないでしょう。

======================================================

以上、いろいろ紹介しましたが、どれもこれも贈って喜んでもらえる
日本酒ばかり厳選してみました。

どれも人気の日本酒なのでハズレはないです。

他にも紹介しきらなかったですが、
「飛露喜」(ひろき)「緑川」「八海山」なども、おすすめです。

変わりもの商品で、「オヤジナカセ」というのもあります。
これも父の日にぴったりですね。



「父の日におすすめ厳選芋焼酎」
「父の日におすすめ厳選麦焼酎」
もありますので、こちらも参考にしてみてください。

posted by まーべら at 21:41 | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

ピーチリキュールのウーロン茶割!!オエノン(合同)「レゲエパンチ」

知らない人はビールなのか何なのか商品名だけでは
判別できないお酒。
お店で見かけることはあまりありませんね。
容量は250ml瓶。

DSC_0053.jpg

DSC_0054.jpg

【商品名】レゲエパンチ
【メーカー】オエノン (合同酒精)
【発売日】2007年9月18日
【酒質】リキュール
【原材料】ウーロン茶、醸造アルコール、黒糖ぶどう糖液糖、
香料、カラメル色素、チャ抽出物、酸味料
【アルコール度数】4%
【容量】250ml
【希望小売価格】219円+税
【購入価格】206円 (税込)
【JAN】4971980855644

この「レゲエパンチ」はリキュールで、「ピーチリキュール
ウーロン茶割り」のこと。
仙台が発祥のようで、地元では「レゲパン」の愛称で親しまれて
いるそうです。

仙台市内のお酒を提供している飲み屋ではほぼ扱っているの
だとか。

しかし「レゲエパンチ」と呼ぶのは東北の方だけらしく、
関東では普通に「ピーチウーロン」、北海道では「クーニャン」
(中国語で小娘・少女)と呼ぶそう。
ウーロン茶(中国)からきたイメージで名づけたそうです。

もともとこのオエノンの「レゲエパンチ」は2003年に宮城県内
限定で発売後、2004年にレモン果汁を加え全国で発売。

そして2007年にリニューアルされ今回のラベル、味わいに
なりました。

↓2007年リニューアル時のニュースリリース↓
今回のリニューアルでは、甘さを控えめにし、オリジナルの味わいを
より忠実に再現。
レモン果汁は加えず、ピーチのフルーティーさとウーロン茶の
ほどよい渋みが織り成す、やさしい口当たりのカクテルに
仕上げました。
ラベルはネーミングのレゲエにちなみ、赤・黄・緑を基調にした
鮮やかなデザインを採用しました。

(2007年オエノン「レゲエパンチリニューアル」ニュースリリースより)

他にもレゲエパンチの商品になっているものを探して見ましたが
なさそうでした。

家庭で作りたいときは、
氷を入れたグラスの中にピーチリキュールウーロン茶
1:2〜1:3くらいの分量で入れて混ぜたら完成です。
お好みでレモンスライスを入れたりするといいそう。

ピーチリキュールは「ルジェ・クレーム・ド・ペシェ」「ピーチツリー」
などがあります。





DSC_0055.jpg

すっきり飲みやすい仙台発お茶系カクテル!!
フルーティーな甘さと軽い渋みがマッチした、口当たりがよく
飲みやすい味わいです。冷やしてお飲みください。
(裏ラベルより)

DSC_0072.jpg

外観は麦茶のような色合い。
香りは色に反して(ピーチリキュールは透明なので当たり前ですが)
桃の香りが強いです。
ほのかにお茶の香りもします。

今まで飲んだことのない不思議な感じ。
全体的に甘く、そのまんまですが、確かにピーチとウーロン茶の
味わいがし、気持ちピーチが強い気がします。

美味しいか美味しくないかと言われれば微妙な感じ。
斬新な味で確かに新鮮ですが、何となく融合していない
印象を受けます。
ピーチとウーロン茶、別々に味を感じるというか・・・。

後味も何となくしっくり来ない気がします。

たまーに飲むのにはいいかもしれません。





タグ:オエノン
posted by まーべら at 13:21 | リキュール オエノン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

オリオン限定ビール!!アサヒオリオン「オリオンスタイル」

オリオンビールが製造した新商品。
新ジャンルで数量限定です。
容量は350mlのみ。

DSC_0069.jpg

【商品名】オリオンスタイル
【メーカー】アサヒオリオン
【アルコール度数】5%
【容量】350ml
【原材料】発泡酒(麦芽、ホップ、スターチ、糖類、甘味料(アセスルファムK))、
     スピリッツ(大麦)
【発売日】2016年8月9日
【発売地域】沖縄県および鹿児島県奄美地区を除く日本全国
【希望小売価格】オープン
【購入価格】120円(税込)
【JAN】4901004031266

DSC_0070.jpg

同じ日に発売された「スペシャルエックス」は2010年から
沖縄県内、及び奄美群島地区だけで発売されていましたが、
この「オリオンスタイル」も2015年10月から沖縄県内、
及び奄美群島地区だけで発売されていたようです。



こちらもそのときからネットで買えるようでしたので
沖縄以外の人でも買おうと思えば買えたっぽいです。

↓商品説明↓
『アサヒ オリオンスタイル』は、しっかりとした味わいとすっきりとした後味が
特長の新ジャンルで、オリオンビール(株)が2015年10月より沖縄県内で
発売しています。
オリオンビール(株)のろ過技術により雑味を低減させ、すっきりとした後味の
良さを実現しました。

(アサヒビール「オリオンスタイル」ニュースリリースより)

DSC_0071.jpg

外観は綺麗な黄金色。

最初から雑味を結構感じるのとキレも苦味もイマイチに
思えます。
後味も新ジャンル特有の無機質な甘ったるさを感じ
新ジャンルという域を出ていない感じ。

スペシャルエックスと比べるとだんぜんスペシャルエックスの
方がいいように思います。

⇒⇒2016年ビール類新商品まとめ


★他のオリオンビール


オリオンビールといえばコレ!!↓


タグ:オリオン
posted by まーべら at 23:45 | ビール 限定ビール アサヒオリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

シャープ&ドライの新ジャンル!!オリオン「スペシャルエックス」

オリオンビールが製造した新商品。
新ジャンルで数量限定です。
容量は350mlのみ。

DSC_0066.jpg

【商品名】オリオン スペシャルエックス
【メーカー】アサヒオリオン
【アルコール度数】6%
【容量】350ml
【原材料】発泡酒(麦芽、ホップ、大麦、米、コーン、スターチ、糖類)、
     スピリッツ(大麦)
【発売日】2016年8月9日
【発売地域】沖縄県および鹿児島県奄美地区を除く日本全国
【希望小売価格】オープン
【購入価格】120円(税込)
【JAN】4901004023995

DSC_0067.jpg

この「スペシャルエックス」はオリオンビールが2010年から
沖縄県内、及び奄美群島地区だけ
で発売していたようで、
沖縄の人にはすでに目新しいものではないようです。
観光で沖縄に行ったこともある人も目にしたことがあるかも
しれませんね。

アマゾンのレビューをみてみると少なくとも2011年から
販売していたようですので、ネットでは沖縄以外でも手に入れ
ようとすれば入手できたみたいです。

↓商品説明↓
 
『アサヒ オリオンスペシャルエックス』は、シャープなのどごし、
洗練されたキレ味、アルコール度数6%による飲みごたえを実現した
新ジャンルです。
オリオンビール (株)が2010年7月より沖縄県内で発売しています。
パッケージは、缶体中央に「X」のブランドロゴを中央に配置すると
ともに、“SHARP AND DRY”と“本格辛口”と表記することで、
商品特長を訴求しています。

(アサヒビール「オリオンスペシャルエックス」ニュースリリースより)

DSC_0068.jpg

見た目は綺麗なゴールド。

キレ・コクもそれなりにあり、ちょっとキツイと思ったら
アルコール6%のことを忘れていました。
味はシャープ&ドライそのままに、スッキリとしています。
飲み応えもあり爽快に飲めます。
夏にちょうどいい味わいでしょうか。

個人的には中の上といった感じです。

⇒⇒2016年ビール類新商品まとめ

★他のオリオンビール


オリオンビールといえばコレ!!↓


タグ:オリオン
posted by まーべら at 23:55 | ビール 限定ビール アサヒオリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする